合唱 楽譜の通販と楽譜実費出版ならカワイ出版ONLINE

実費出版・企画出版はこちら

2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
休業
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
6727863005Y37019
6727863007Y30005
6727863010Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > なかにしあかね:女声合唱組曲「伝言」

なかにしあかね:女声合唱組曲「伝言」

価格 : 税込1,620円(本体1,500円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください

★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作詩:北原悠子
作曲:なかにしあかね
A4判/40頁
グレード:中級
演奏時間:約14分50秒
ISBN 978-4-7609-1784-6


「大いなる自然が語る、いにしえからの伝言」。
その言葉に耳を傾け、その伝言を全身で受けとめ次の世代に伝えていく。自然の中の小さな生物や植物の言葉、私たちは心に留めることが出来るのだろうか? そんな言の葉を女声合唱の繊細な響きで紡いでいく組曲である。

1. 伝言(2’40")
2. 虹(2’50”)
3. 木は木のことばで(3’30”)
4. さくら(2’30”)
5. 青い空の彼方から(3’20”)



 
<まえがき>
 森と湖と山々の連なる信濃の地で、女声合唱組曲『伝言』は誕生しました。「おおいなる自然が語る、古からの伝言に、私達はきちんと耳を傾けているでしょうか?」このメッセージを伝えるのにふさわしい、太古の神々のあらせられる地です。

 この作品の誕生は、さまざまな不思議なご縁のめぐりあわせによるものでした。2014年の秋、岸信介先生にお声掛け頂いて、八ヶ岳高原合唱フォーラムに講師として伺い、そこで佐原玲子先生と出会い、女声合唱団しなののための新作委嘱のご相談を頂きました。しなのさんにご提案するテキストを思案していたまさにその時、仙台の私の大学の研究室をノックされたのは、宮城県石巻市の調律師、遠藤信和さんでした。東日本大震災の後、地元石巻に音楽を取り戻すために粉骨砕身の働きをされ、私自身の活動もずいぶん助けて頂いた遠藤さんが、お時間ある時に読んでみて下さい、と置いて行かれたのが、北原悠子さんの詩集でした。
 北原悠子さんの詩には音楽があります。私はその音楽を宙から譜面へと、そっと記しただけです。深閑とした森の奥にわけいるような「伝言」、森の空にかかる虹を軽やかに渡って行けそうな「虹」、木や鳥、花や虫、それぞれのことばが共存することをうたう「木は木のことばで」、桜の花びらが舞い散り異空間に誘われるかのような「さくら」、日々くりかえされる森の営み、自然の営みの伸びやかさ、エネルギーを感じる「青い空の彼方から」。この5編の詩を選び、組曲に構成したのは私ですが、まるで見えない手に導かれてそうなったかのような気さえ致します。

 今、私達が生きているこの大地や仰ぎ見る空、そして、今、私達が享受している音楽は、すべて古からの伝言なのだと思います。私達は、その伝言を全身で受け止め、次へと渡していくのです。
 
なかにしあかね

ページトップへ