実費出版・企画出版はこちら

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 松本望:「二つの祈りの音楽」 混声合唱とピアノ連弾のための

松本望:「二つの祈りの音楽」 混声合唱とピアノ連弾のための

価格 : 税込1,944円(本体1,800円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作曲:松本望
作詩:宗左近
A4判/60頁
グレード:中〜上級
演奏時間:約20分30秒
ISBN 978-4-7609-1395-4


悲惨な出来事の前に我々は祈ることしか出来ない。音楽をする人たちは大変な人たちへの気持ちを音に託し祈り、伝えようとすることで,その悲しみや苦しみを共感する。作曲家として近年世界中で起こる哀しい出来事に対する人々への思いをこの曲に託した。
「夜ノ祈リ」は極限状態での真理を激しく書き連ねた詩の言葉を伝えようとした音楽。「永遠の光」は冒頭「Lux aeterna」のコラールが美しく響き、全体を支配していき、日本語とラテン語、合唱とピアノが渾然一体となって進んで行く。


1 夜ノ祈リ(9'00")
2 永遠の光(11'30")





 
<まえがき>

  「二つの祈りの音楽」はCANTUS ANIMAEの委嘱により作曲、2016年5月に同団の第20回演奏会にて初演された。
以下、初演時の演奏会のプログラムノートより一部引用させていただく:

『祈りの音楽を書きたいという思いは、何年か前から自然に湧き起こっていて、実際にここ数年でそういうテーマで曲を書いたこともあった。なぜ「祈り」なのかということに対してしばらく無自覚だったが、よく考えると「祈ることしか出来ないから」なのだと思い当たった。
最近のことだけを例にとっても、昨年秋には私の第3(?)の故郷パリで大規模な無差別テロが起き、この原稿を書こうとした矢先には熊本で大地震が起きた。こういう時、遠く離れた所にいて音楽で一体何が出来るのか、いつも無力感に苛まされる。(中略)それでもやはり音楽をする我々には、大変な状況にいる方々への気持ちを音に託して祈り、伝えようとすることが、自分達が出来る精一杯のことなのかなと思う。』

幾つもの素晴らしい合唱曲の創造の源となっている宗左近氏の詩は、エネルギーも内容も圧倒的過ぎて自分は触れられないと長らく思っていた。だが、しばらく自分の中で沸き起こっていた上記の様な思いを形にするのにあたって、今回は氏の描き出す大きな精神的世界・充実したエネルギーが創造の大きなインスピレーションとなった。詩の内容の深さに自分の音楽はまだ遠く及ばないとは思うが、とにもかくにも氏の作品と対峙させていただいた時間は自分の中で充実したものとなった。
1曲目の歌詩である「夜ノ祈リ」は、恨みつらみ痛みを超えて信仰や人間とは何かという、極限状態での真理のようなものを激しく問うている。世の中にこんな凄い詩があるんだということを少しでも多くの方に知って頂く役割の一端でも担えたらというつもりで付曲した。もし1曲目を聴いて何か感じて頂けたならば、とにかく原詩をじっくり読んで頂きたいと思う。
2曲目は正に「祈りの音楽」で、冒頭のアカペラのコラールの雰囲気が全体の大きな流れを貫いている。作曲に取りかかる少し前に読んだある小説に出てくる「生者と死者は持ちつ持たれつ・ふたつでひとつ/死者と生者が抱きしめあっていく」という言葉のイメージが音楽になっていて、ラテン語と日本語、合唱とピアノが渾然一体となって進んでいく。

 
松本 望

ページトップへ