第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > ピアノ楽譜 > 曲集 > 上田泰史:「19世紀パリのサロンが生んだ知っておきたいピアノ曲集」

上田泰史:「19世紀パリのサロンが生んだ知っておきたいピアノ曲集」

価格 : 税込1,620円(本体1,500円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年8月10日(土)〜8月18日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜8月19日正午までのご注文は8月19日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜8月19日ご注文     ⇒   9月4日(水)お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
校訂:上田泰史
菊倍判/40頁
グレード:中級
ISBN 978-4-7609-0637-6

19世紀〜20世紀パリのサロンで人気のあった6人の作曲家より1曲ずつ収録。インターネット・ラジオ OTTAVAで放送された5作品にマルモンテルの作品1曲を追加・収録したもの。全体にやや難易度が高いがこの時代の作風に触れられ、発表会や演奏会などでもステージに華を添えられる。


C. V. アルカン:『歌曲集第1集』作品38aより第1番
H. ラヴィーナ:『3つの無言歌』作品95より第2番「無関心」
S. ヘラー:『孤独者の散歩第1集』作品78より第1番
A. マルモンテル:『3つの性格的小品』作品117より第2番「舟漕ぎの女」
C. シャミナード:『機嫌を取る女』 作品50
L. ブーランジェ:『行列』

下記リンクより一部音源の試聴が可能です
PTNA:19世紀パリのサロンが生んだ知っておきたいピアノ曲集


こちらもご覧ください
 「貴方にも弾ける!パリのサロンが生んだ知られざる名曲コレクション」


 
<まえがき>
 本曲集は、カワイ出版からこれまでに刊行されたフランス・ピアノ曲集から、「サロン音楽」を紹介するために企画し、6曲をピックアップしたものです。
「サロン音楽」という言葉は、時としてハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンやブラームスといったドイツ=オーストリアの「シリアスな」音楽に対して、社交のための軽い音楽と理解されます。
 ところで、すべての音楽作品は、程度の差こそあれ、作曲家の純粋な理念(理想)のみを契機として生み出されるのではなく、作曲家と聴き手、演奏家をとりまく文化的・社会的環境の中で成立するものです。作品は、作曲家の創作物であると同時に、いわば、その時代、その社会が生み出した産物でもあるわけです。
こうした理解に立ち、「時代、社会を聴こう」というモットーを掲げて音楽作品と向き合うなら、パリの社交界の中で生み出されたある種のピアノ作品――しかも、一定の様式的密度を備えた作品――が、従来の「名曲」に比べ、興趣を欠くと予断する理由はどこにもないはずです。ことに、フランス音楽の導入がドイツ=オーストリアの音楽よりも遅れた日本において、フランス音楽と文化、思想、社会との結びつきは、これからいっそう緻密に見つめ直していく必要がありますし、実際、そうした傾向は近年、頓に高まっています。
 本曲集が、単なる「ダイジェスト版」に終わることなく、多様な視点からフランス音楽を鑑賞することを促す、昨今の潮流の一翼を担うものとなることを願い、巻末にコラム「サロンと19世紀のフランス・ピアノ音楽」を収録しました。この文章と各曲の解説、そして何より、各作曲家の作品を通して、作曲家の音、時代の音、社会の音に耳を澄ませてみて頂ければ、本企画の目的は成就するものと信じます。


 
上田泰史

ページトップへ