合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 石若雅弥:合唱ピース「ふるさと」

石若雅弥:合唱ピース「ふるさと」

価格 : 税込770円(本体700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

編曲:石若雅弥
A4判/12頁
グレード:初級
演奏時間:約4分40秒
ISBN 978-4-7609-2348-9


人気グループ「嵐」により2010年の暮れに歌われて以降、震災復興支援の歌として、また合唱コンクールの課題曲としても採り上げられた作品「ふるさと」を易しい二部合唱にアレンジ。故郷の景色を思い浮かべたり、懐かしい人のことを思い出してちょっと胸が熱くなったり、、、世代・性別を問わず多くの人たちに一緒に口ずさんでもらいたい曲の一つである。ピアノ伴奏付き。(歌詞は2015年に発売されたCDに準拠したもの)。混声・女声・男声・同声・児童合唱のどの編成でも演奏可能。

1. ふるさと(4'40")




 
<まえがき>
  この楽曲は、2010年の第61回NHK紅白歌合戦のために作られました。その後、NHK全国学校音楽コンクールの課題曲として使用されたり「みんなのうた」などでも取り上げられましたが、特に東日本大震災以降、爐佞襪気鉢瓩良興を願う思いを込めて様々な場で歌われる機会も多くなりました。最近では熊本でも大きな地震が起きるなど災害が各地で続いていますが、この作品が被災された皆さまの心に届き、少しでも元気になっていただけることを願っております。
 演奏のポイントとしましては、全体的にカンニングブレスを多用していただき、できるだけフレーズの切れ目なく演奏するよう心掛けてください。終盤、フォルテのままサビを繰り返しますが、途中でバテないようクライマックスに向かって盛り上げてください。
 
石若雅弥

ページトップへ