実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 松下耕:女声合唱とピアノのための「愛し続けていることを」

松下耕:女声合唱とピアノのための「愛し続けていることを」

価格 : 税込2,090円(本体1,900円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)を休業とさせて頂きます
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
-12月27日ご注文    ⇒   3週間強で発送
12月28-2020年1月6日     ⇒   1月21日(火)発送
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作曲:松下耕
作詩:小野省子
A4判/64頁
グレード:中級
演奏時間:約21分
ISBN 978-4-7609-1778-5


子供を持つ母親の素直な心情を綴ったテキストは、愛情に満ち溢れ、時には辛さをも吐露する。
世代を超えて採り上げて欲しい作品であるが、そのリアリティに共感する母親世代の合唱団には特に大きな共感を持って受け入れられる作品であろう。
音楽は決してやさしくはないが、テキストに寄りそい、心の内面を表出する。全5曲。


1. 母になって (3'40")
2. 気づいた(4'30")
3. せんぱいママ(2'15")
4. 重み(4'30")
5. 愛し続けていること(6'00")





 
<まえがき>
 小野省子さんの詩に最初に触れたのは、『牛丼屋夜間アルバイト』という、インパクトのあるタイトルの詩集を書店で見つけたときだった。私はその詩集の内容に一目惚れし、いつかこれらの詩に作曲したい、という夢をもって、この詩集をあたためていた。
 その後、2014年に『牛丼屋』は他の数編の詩と共に、女声合唱曲として世に出たのであるが、その演奏会にお越しくださった小野さんから、『おかあさん、どこ』(後に『核家族ママ』として出版)という、新しい詩集をいただいた。この詩集には、世の中をシニカルに捉えたり、ひとりの女性の日常を衒うことなく表現した、実に生き生きとした世界が広がる詩集『牛丼屋』の魅力とは全く別の、驚くほど感動的で瑞々しい言葉が満ちていた。
 それは、母としての視点だった。
 二児の母である小野さんの言葉の数々は、愛情に満ち溢れ、時に苦悩を吐露していた。母親としての日常を、実にビビッドに描き出していた。また、どれもが、リアリティに満ちていた。
 ページをめくる毎、私は感動の波に包囲され、立ち竦んでしまうほどだった。
 男である私でも、それほどの感動があるのだから、この詩を女性が、そして、母親が読んだらどれだけの共感と感動を呼ぶであろうか、と思いめぐらし、多くの女性、いや、男性も含め、多くの人たちに読んでもらいたい、と願った。
 同時に、これらの詩にも曲を付けたいと強く思ったのだが、今回はその時が早くやって来た。
 東京都日野市で活動する合唱団、旭が丘女声合唱団の皆さんが、2015年3月に行われる演奏会のレパートリーとして、私に新作を委嘱してくださったのであるが、これは、これらの詩を合唱曲にするまたとない機会であった。
 私は、詩の大きな力を借りて、一気にこの組曲を書き上げた。とても幸せで、有意義な時間だった。
 初演は、合唱団の情熱的な演奏により、忘れ得ぬ感動的なものになった。私にとって、忘れられない一夜となった。

 なお、最終曲の一部を、出版および再演にあたり改訂した。
 
松下 耕

ページトップへ