実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 大中恩:無伴奏男声合唱組曲「俺のふるさと」

大中恩:無伴奏男声合唱組曲「俺のふるさと」

価格 : 税込1,430円(本体1,300円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強/3週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年12月29日(木)〜2023年1月4日(水)の期間を年末年始休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

現在〜2023年1月5日(木)午前の注文は2023年1月5日発送となります。

受注生産品の納期は休業の都合から次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

現在〜2023年1月5日(木)    2023年1月17日(火)発送予定

2023年1月6日(金)~    以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず11日目以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:大中恩
作詩:青木一恵
A4判/24頁
グレード:中級
演奏時間:約10分10秒
ISBN 978-4-7609-1942-0

2016年5月29日、HGメンネルコール創立70年定期演奏会のために書かれた委嘱作品。
作曲者久々の無伴奏男声合唱作品。「俺」という言葉がタイトルについているが、がっつりした男の歌ということではなく、昔の女性のことや小さい頃の思い出や故郷のことなど、人それぞれの思い出を辿る作品である。やや年齢を重ねた人ならば、この歌と同じ思いを一つくらいはしているかもしれない。全6曲。
1. 忘れな草 (1'40")
2. いつでも会える(1'50")
3. 言葉(1'25")
4. 港(1'40")
5. こんな夕暮れ(1'45")
6. ふるさと(1'50")



 
<まえがき>
 青木一恵さんと沢山の曲を書いて来ましたが、男声合唱曲、それも無伴奏曲として創ったのは「俺のふるさと」がはじめてです。
 伝統あるHGメンネルコールの初演曲として書いて頂いたこの組曲の詩は、私と合唱生活を50年以上も共にして来た指揮者 大野敏彦さんに依頼を受けたものです。女性の青木さんにとって、おそらく男声合唱曲のための詩を書くのは、けっこうプレッシャーも大きかったのではなかったかと思っていましたが、とても唱いやすい素敵なものとして、私の手元にとどいたのは一昨年の夏のことでした。わりあい早く書けたのですが、1曲増えて6曲にしたりで、やっと出版にこぎつけることが出来ました。
 私としても久しぶりの男声合唱曲の出版を嬉しく思っています。男声諸君、よろしく育てていってください。
 
大中 恩

ページトップへ