実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 山下祐加:混声合唱組曲「光のために」

山下祐加:混声合唱組曲「光のために」

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:山下祐加
作詩:立原道造
A4判/40頁
グレード:中〜上級
演奏時間:約15分35秒
ISBN 978-4-7609-1388-6

有名な「優しき歌」の中の4つの詩に作曲。「爽やかな五月に」は無伴奏、その他はピアノ伴奏が付く。
詩人の詩の背景に存在する自然への賛美。そのひとつひとつの言葉を大切に、詩人が愛した美しい風景が音楽的に表現できるようにと書かれた組曲。

1. 爽やかな五月に(4'30")
2. 落葉林で(4'30")
3. 朝  に(2'45")
4. 樹木の影に(3'50")




 
<まえがき>
  この組曲は、合唱団イクトゥスの委嘱を受けて作らせていただきました。2014年8月に1曲目を初演、全曲通しての初演は2015年7月でした。テキストは常任指揮者の?橋英男先生が選んでくださり、私は立原道造の詩とじっくり向き合うこととなりましたが、夭折した詩人が書いた恋の歌を前にして、なかなか曲を書き始められませんでした。そのような中私の背中を押したのは、立原道造の詩と切っても切り離せない自然の風景でした。私もまた自然の中に身を置いて彼の綴った言葉を思い出し、そこに表された瑞々しい心情に、素直に音楽を添わせることにしました。
 一曲目の「爽やかな五月に」は、そよ風が吹き一年で最も心地よい季節にも関わらず、傍らの愛しい人に想いを伝えることができない、もどかしい様を移り変わる和音と揺れ動くリズムによって表現しました。
 二曲目「落葉林で」は、「死」や「短いいのち」という詩の言葉に象徴されるような、暗く、沈んだ曲調です。この曲から登場するピアノが、詩に描かれた風景を演出する役割も担っています。
 三曲目の「朝に」では、ぽつり、ぽつりと語るように歌が始まり、闇に光が差し込むように、次第に力強さを増していきます。
 終曲「樹木の影に」は、詩でも「愛」という言葉が仄めかされているように、たゆたうピアノ伴奏にのせて心のつながった二人がともに歌を歌います。詩人の人生の悲哀を一曲目の冒頭を出すことによって織り交ぜつつ、最後は光に向かって希望の鐘が鳴り響きます。
この作品が多くの皆様に歌っていただけますように・・・
 
山下祐加

ページトップへ