実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 鈴木憲夫:混声合唱組曲「愛を乞うひとたちへ」

鈴木憲夫:混声合唱組曲「愛を乞うひとたちへ」

価格 : 税込1,760円(本体1,600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:鈴木憲夫
作詩:塔 和子/鈴木憲夫
A4判/48頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約16分35秒
ISBN 978-4-7609-1387-9

この作品は“愛”をテーマに、著者自身が創作・選定した詩で構成された組曲である。人の数だけ愛があり、いのちの数だけ愛がある。深いテーマを読み解きやすく仕上げた、著者ならではの作品を味わって頂きたい。


1. 平 和〈塔 和子 作詩〉(4'10")
2. ドラマチックな出会い〈鈴木憲夫 作詩〉(3'00")
3. 愛を乞うひとたちへ〈鈴木憲夫 作詩〉(6'15")
4. 宇宙の塵となって・・・〈鈴木憲夫 作詩〉(3'10")

 
<まえがき>
 「若い世代の人たちと<愛>について一緒に考えていける作品を」という指揮者の村上彩奈さんから作品・委嘱のお話を伺ったのは2014 年1 月のことでした。数年前より、私なりに「愛」をテーマにした詩をいくつか作っていましたので、初めにそのお話があった時には、私の頭の中ではそれら数篇の詩の世界がちらついていました。ですが、組曲となると単に小品を並べるだけでは成立しません。また一口に「愛について」と言っても、愛に関する詩は山のようにあります。まずは手当たり次第に詩集を探ることからスタートしました、が、なかなか手応えがないままに、一年があっという間に過ぎ、 まったく先へ進まず半ば頓挫状態になっていました。
 そんな中、ふと「愛を乞うひとたちへ」というテーマが浮かんできました。まさに此の度の委嘱のテーマそのものではないかと。そしてこのテーマで新たに詩を探すことが始まったのでしたが結局、自作の詩を中心に組むことに決めました。2015 年春のことです。
  はじめに「平和」「ドラマチックな出会い」「宇宙の塵となって・・・」「愛を乞うひとたちへ」という順序で作曲していき、全曲が完成したのは2015 年12 月のことでした。このような牛歩遅々とした仕事は私にとってはあたり前のことですが、お付き合い下さった村上さん、そしてウンディーネの皆さんにとってはさぞや待ちくたびれ、呆れ果ててもいたことでしょう。
 「乞う」という言葉には「乞い願うという切実さ」が込められています。さらに心の内から発する「ひたむきさ」も含まれています。いろいろなタイトルを考えましたが、やはり、一番最初の「若い世代の人たちと<愛>について一緒に考えていける作品を」という趣旨に立ち戻ると、このタイトルしかないと思えるようになりました。それにウンディーネの多くの皆さんが「独身」だということも頭の隅にありましたので、まさに「愛を乞うひとたちへ」そのままではないか、と思いました。
 「愛を乞うひとたちへ」のメッセージは若い人のみならず、実は多くの様々な人にとってのメッセージでもあるのです。かくいう私も「愛を乞う」一人です。これら4 つの詩・曲を通して、「愛」というものを考え、認識し、発見すること、そのきっかけになれば、この作品のもっとも願うところです。
 
鈴木憲夫

ページトップへ