実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 池辺晋一郎:混声合唱組曲「水の旅」

池辺晋一郎:混声合唱組曲「水の旅」

価格 : 税込2,200円(本体2,000円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作詩:高塚かず子
作曲:池辺晋一郎
A4判/76頁
グレード:中級
演奏時間:約30分
ISBN 978-4-7609-1385-5

全日本合唱連盟の機関誌「ハーモニー」176号でも採り上げられた、石川県合唱連盟の委嘱による作品。2015ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭にて初演された。石川の自然・文化・歴史などを題材にした合唱作品であるが、豊かな音楽表現が楽しめる作品として全国で歌われるだろう作品となっている。詩も書き下ろしである。

1. 白山の水(5'10")
2. 噴水 (2'30")
3. 女川男川(4'30")
4. 水の子守歌(7'00")
5. 海辺(6'10")
6. 水の旅(4'40")

 
<まえがき>
 石川県合唱連盟の委嘱により、2015年5月に金沢で書き始め、その後ほとんどを札幌で進め、8月末に東京で脱稿した作品。  みずみずしく美しい言葉が連なる高塚かず子さんの詩は、2006年にはできあがっていたらしい。作曲委嘱もただちになされたが、長い間待ったにもかかわらず、できあがらなかったと聞いた。そこで上記県連は、僕に依頼してきたのである。2014年だった。
 後述するが、僕は石川県と深い関わりを持っており、のみならず高塚さんが現在住んでおられる長崎県とも、最近まで何年間か「ながさき音楽祭」顧問を務めたことにより関係している。これらの不思議な因縁が、作曲への大きなモチヴェイションとなった。
 さて、石川県との関わりだが、そもそも故岩城宏之さんの提唱により1988年に創設された「オーケストラ・アンサンブル金沢」の仕事が始まりだった。同オーケストラが設定したコンポーザー・イン・レジデンスを務め、音楽堂のこけら落とし(2001年)に、約170分を要するオラトリオを作曲した。そして2004年以降、僕は石川県立音楽堂洋楽監督という仕事をしている。が、実はそれにとどまらず、1995年に開館した七尾市(当時は中島町)の「能登演劇堂」とも深い関わりを持っている。1978年以降ずっとその公演の音楽を担当している無名塾との縁ゆえだ。能登演劇堂は、無名塾を主宰する仲代達矢ご夫妻の肝入りでできたホールなのだから。
 関わりを持って以来、僕はこの県の文化度の高さに瞠目してきた。それは、いっときのスローガンなどで為されたのではなく、前田百万石の長い治世の間に形成されたものだ。そして、白山、能登の海、里山、兼六園や犀川、浅野川…。この地と水との縁の深さ、重さを想うとき、何としてもこの作品を仕上げたかった石川県の合唱人の心が、僕にはよく分かるのであった。        
 
池辺晋一郎

ページトップへ