実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 名島啓太:ミサ曲第1番「日本から」

名島啓太:ミサ曲第1番「日本から」

価格 : 税込1,540円(本体1,400円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:名島啓太
A4判/36頁
グレード:中級
演奏時間:約15分30秒
ISBN 978-4-7609-1383-1

混声合唱団鈴優会の25周年を記念して委嘱・初演された作品。
作曲者は合唱指揮者ではあるが、数々の宗教作品のレパートリーを演奏するなかでの経験が生かされた「歌いたくなる」ミサ曲である。
Credoを持たない「ミサ・ブレヴィス」形式のミサ曲で、日本的な旋律やポップなワルツのようなメロディなどが特徴的である。
日本人ということを意識し作曲されたことから「日本から」というタイトルが付けられた。


1. Kyrie(2'50")
2. Gloria (4'20")
3. Sanctus - Benedictus(4'35")
4. Agnus Dei(3'45")


<まえがき>
このミサ曲は混声合唱団鈴優会第25回定期演奏会の記念作品として委嘱されたものです。合唱指揮が活動の中心である私ですが、これまでにも時々小品などを発表する機会があったので、合唱団のメンバーが第25回という節目を迎えるにあたり、作曲の機会を与えてくれました。
古今東西のミサ曲の演奏経験から、国や時代を超えた「祈り」の持つ普遍性を、いつも感じています。その普遍性を信じながら、このミサ曲の中には日本人としての音楽を意識し、日本的な旋律を主題としたり、日本の神事や風習から着想を得たりした部分があるので、「日本から」という副題を添えました。しかし、「日本」を表現の中心に据えた音楽ではなく、あくまで「祈り」の音楽であり、この曲を通じて合唱を楽しむこと(歌うこと、聴くこと)が「祈り」となり、心の平安につながることを、作曲者として「祈る」ばかりです。
 
名島啓太

ページトップへ