実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 山下祐加:混声合唱組曲「ねむりのもりのはなし」

山下祐加:混声合唱組曲「ねむりのもりのはなし」

価格 : 税込1,870円(本体1,700円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:山下祐加
作詩:長田  弘
A4判/56頁
グレード:中〜上級
ISBN 978-4-7609-1373-2

2014年度朝日作曲賞受賞作品。
終曲の「ねむりのもりのはなし」は2015年度の全日本合唱コンクールの課題曲に選定された。
2012年の「The Premiere vol.2」で本格デビューした作曲者の意欲作。
テキストは一見すると関連性を見いだせないが、「話」というキーワードでつながり、それぞれが物語性を持っている。組曲全体を通してそれぞれの言葉の概念を大切にすること、リズミカルな言葉の言い回しを活かすことを念頭に置いて作曲された。


1 ひとはねこを理解できない (6'45")
2 ライ麦の話        (3'15")
3 ねむりのもりのはなし   (3'50")   




 
<まえがき>
 私が「ねむりのもりのはなし」という詩に出会ったのは今から4年程前です。詩集『心の中にもっている問題』(晶文社)を読んだ際に衝撃を受け、いつかこの詩で合唱曲を書きたいという思いを募らせてきました。2013年末から2014年の初めにかけて「はなし」という言葉を一つのキーワードに、新たに選んだ2篇の詩と合わせて組曲を作曲しました。
 1曲目の「ひとはねこを理解できない」は、ピアノによって「ねこ」の鳴き声や姿を描写したように「ねこ」が主人公となって、理解できないことに直面すると極端に驚く「ひと」の姿を客観的に滑稽かつ皮肉な目線で表現しました。詩の形式と同じように、曲も変奏曲のような形をとっています。2曲目の「ライ麦の話」は、風が吹き渡る広大な大地に1本のライ麦が育っていく自然の美しさや生命の神秘を音にしました。ピアノのアルペジオは風や日の光り、大地に張り巡らされていく根を表現しています。強く勢いよく、まっすぐ空に向かって伸びていくライ麦の姿は温かな合唱のハーモニーによって描きました。終曲の「ねむりのもりのはなし」は、調性、リズム、音程、アーティキュレーションなどいろいろな角度からあべこべの世界を演出しています。
 3つの詩が持つ真理を追究し、音楽にしていく作業は時に難解でもありましたが楽しい作業であったことは言うまでもなく、組曲全体を通してそれぞれの言葉の概念を大切にすること、リズミカルな言葉の言い回しを活かすことを念頭に置いて作曲しました。そしてこれらの詩が社会に深く問いかけるものでありながら、ユーモアや温かさも併せ持っているところに魅力を感じ、私も音楽でそのような世界を表現したいと思いました。
 詩人の長田弘先生はこの作品が音になることを楽しみにしてくださっていましたが、残念ながら本年5月に亡くなってしまいました。先生とお話できたのは僅かな時間でしたが、先生が温かい笑顔で話してくださった、大好きだったねこのことやライ麦パンの話は私にとって宝物となりました。そして、鋭い口調で話された「現代人に欠けている想像力」を広げるのには、まさに打ってつけの詩3篇だと思います。語るように、そして演じるように演奏していただけたら嬉しく思います。


 
山下祐加

ページトップへ