第9回三善晃ピアノコンクール 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > ピアノ楽譜 > 曲集 > モシュコフスキ(松永晴紀):「先生と生徒」 ピアノ連弾のための小品集

モシュコフスキ(松永晴紀):「先生と生徒」 ピアノ連弾のための小品集

価格 : 税込1,728円(本体1,600円)
数量
 

5400円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,620円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2019年8月10日(土)〜8月18日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在〜8月19日正午までのご注文は8月19日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜8月19日ご注文     ⇒   9月4日(水)お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作曲:M.モシュコフスキ
校訂:松永晴紀
菊倍判/40頁
グレード:生徒初級/先生中級
ISBN 978-4-7609-0729-8


ポーランドに生まれ、ドイツで学び活躍した作曲家モーリッツ・モシュコフスキMoritz Moszkowski(1854〜1925)によるピアノ連弾作品。作品96。生徒がSecondo、先生がPrimoを弾く、連弾では珍しくも教育的な作品で全8曲から成る小品集。
生徒は全曲で固定された一つのポジションの5つの音のみでバスを弾くが、その動きはオクターヴ離れたユニゾンか,片手のみに限られる。

1. 前口上 Prologue
2. 楽興の時 Moment Musical
3. メロディ Mélodie
4. 舞踏曲 Air de Ballet
5. アラベスク Arabesque
6. 子守歌 Berceuse
7. ワルツ Valse
8. タランテッラ Tarentelle




 
<モシュコフスキについて 抜粋>
 モーリッツ・モシュコフスキは、ドイツのブレスラウ(現在はポーランドのヴロツラフ)生まれのポーランド系ユダヤ人の作曲家で、ドレスデンで学んだ後、ベルリンでクラックに学んでいます。
 連弾曲の「スペイン舞曲集 作品12」が1876年の出版当時、たいへんな人気を博しただけでなく、ホロヴィッツがピアノ独奏曲「火花 作品36-6」をアンコール用に得意としたように、ピアニスティックで華麗な数々の作品は、多くの巨匠たちによっても頻繁に演奏されていました。
 19世紀末には、印象主義をはじめ、さまざまな革新的な音楽が探求され始めましたが、モシュコフスキは一貫してロマン派の親しみやすい作品を書き続けました。それらはピアノ作品が大部分ですが、オペラや協奏曲、管弦楽曲も残し、モシュコフスキを単に「サロン音楽のピアノ曲の作曲家」と評するのは、完全な誤解と過小評価です。モシュコフスキは高度で堅実な作曲技法を身に付け、なによりもピアノの効果的な書法を知り尽くしており、教師としてはホフマンやペルルミュテールらを指導し、ピアニストとしては「比類なく繊細で、磨き抜かれた輝かしいテクニックを持つ」と評されました。

<作品について 抜粋>
 モシュコフスキは1875年作曲の「ワルツ集 作品8」に始まり、8集のオリジナル連弾作品を残しましたが、1920年にパリのエノック社から出版された全8曲の「先生と生徒 作品96」は、それらの最後に当たります。本版はエノック版に基づき、モシュコフスキ自身によるものと思われる運指を載せたうえで、校訂者によるものを加えました。
 この作品は、生徒が弾くセコンドのパートは、全曲、一つの固定されたポジションで弾ける5つの音だけで書かれているため、技術的にはたいへん易しいものです。セコンドの負担を軽くするため、ペダルはプリモが担当するのも連弾曲として実にユニークです。その反面、プリモのパートはなかなか難しく、まさに「先生と生徒」のタイトルがふさわしい作品です。教育的な意図を持ちながら、曲想はまったく堅苦しさを感じさせず、セコンドは音の数や動きが限られているにもかかわらず、プリモと一緒に響くと、ロマンティックな詩情に満ちた、極めて魅力的な連弾作品となります。セコンドは技術的な困難が少ないため、初心者でもプリモを含めた全体の音を良く聴き取ることができ、自分は同じ音を弾いているのに、プリモの音が変わると、音楽全体がさまざまに変化する不思議さや楽しさ、そして二人で一緒に音楽を作り上げる「連弾」の素晴らしさが味わえることでしょう。
 この作品のタイトルは「先生と生徒」ですが、「生徒」どうしが二人で弾くことも、たいへん有益です。二人ともプリモを弾く力があれば、交替で両パートを弾いてみることを強くお薦めします。バスの大切さが実感できるだけでなく、連弾への理解がいっそう深まるでしょう。また「先生」どうしが弾いても、とても効果的な作品で、哀愁を帯びた風情と繊細で優美な抒情が聴く人々を魅了することでしょう。
 
松永晴紀

ページトップへ