みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > ピアノ楽譜 > 曲集 > ボルケヴィッチ(高梨智子):12のアンデルセン童話ピアノ曲集「みにくいアヒルの子」

ボルケヴィッチ(高梨智子):12のアンデルセン童話ピアノ曲集「みにくいアヒルの子」

価格 : 税込1,760円(本体1,600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年5月2日(土)〜6日(水)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※現在のご注文は5月7日以降の発送となります
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
現在〜5月6日・・→5月7日受付で5月22日お届け予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  

作曲:S. ボルケヴィッチ
校訂・監修:高梨智子
菊倍判/40頁
グレード:初〜中級
演奏時間=約32分
ISBN 978-4-7609-0540-9

著者校訂・監修のシリーズ3冊目。
本作は、アンデルセン童話が題材のピアノ曲集。作曲者セルゲイ・ボルケヴィッチ Sergei Bortkiewiczの個性的な作曲様式が際立つ作品。作曲家、セルゲイ・ボルケヴィッチは、ラフ マニノフやスクリャービンと同時代を生き、二度の世界対戦、ロシア革命などを経て、晩年にようやく評価を得た、激動の人生を送った人物。彼の人生 で得た経験が、作品に色濃く反映され、感傷的で強い郷愁に満ちた音楽が特徴。
1. エンドウ豆の上のお姫さま(1'22")
2. 鐘(2'37")
3. すずの兵隊(1'40")
4. 天使(2'50")
5. 小さいイーダの花 〜お花のワルツ〜(2'00")
6. ナイチンゲール(4'49")
7. まったくそのとおり!(2'06")
8. 墓の中の子供(2'57")
9. チョウ(3'06")
10. みにくいアヒルの子(3'08")
11. 金の宝(2'44")
12. 青銅のイノシシ(2'47")

<まえがき>
 デンマークの誇る作家であり、世界的な童話作家として知られる“童話の王様”ハンス・クリスチャン・アンデルセン【Hans Christian Andersen(1805-1875)】。1805年4月2日、デンマークのオーデンセという町で生まれたアンデルセンは、貧困にも、苦労と絶望の連続 にもあきらめず、夢を追いもとめて書き続けました。「みにくいアヒルの子」「人魚姫」「マッチ売りの少女」「すずの兵隊」「雪の女王」……などな ど、その作品は今なお世界中で愛され、読みつがれています。
 当然ながら、読者の中には作曲家もたくさんいて、アンデルセンの童話に着想を得た数々の曲を作り出しました。いうなれば、アンデルセン童話の世 界を音楽で再現した「音の絵本」ですね。 あまり知られてはいませんが、このアンデルセン童話にちなんだ曲、というのは驚くほどたくさん作られています。いかにアンデルセンのお話が世界中 に広まって、読みつがれているかということを実感させられます。
 ロシアの作曲家、セルゲイ・ボルケヴィッチ【Sergei Eduardovich Bortkiewicz(1877-1952)】も、そのひとりでした。ボルケヴィッチは、1877 年2 月28 日、ロシアのハリコフ(現ウクライナ)に生まれました。少年時代は地元の音楽学校でピアノを学び、その後サンクトぺテルブルク音楽院にて音楽教育を受けました。1900 年にはドイツのライプツィヒ音楽院に入学、さらなる勉強を続け、卒業後、1904 年からは妻を伴いベルリンに居住し、作曲、演奏、教育などの音楽活動を行ないました。
 1914 年に第一次世界大戦が勃発し、以降ボルケヴィッチの生活は苦難の連続となります。ロシア人であったボルケヴィッチは、戦争に伴い、第二の故郷ともいうべき ベルリンを出ていかねばならなくなりました。故郷のハリコフへもどり、その地で生活の見通しを立てたのもつかの間、今度はロシア革命が勃発。内戦の混乱のさなか、ボルケヴィッチ夫妻はロシアからの脱出を試みます。トルコのコンスタンティノープルを経て、1922 年にはオーストリアへ移住、そこでようやく安住の地を得たものの、のちに第二次世界大戦の苦難をも味わうことになります。激動の時代を生きたボルケヴィッチは、1952年ウィーンにてその生涯を閉じました。   
 ピアニストであったボルケヴィッチは、生涯にわたり数多くのピアノ作品を作曲しました。3つのピアノ協奏曲、2つのソナタを含む数々のピアノ曲、そのほか、2 つの交響曲を含むオーケストラ作品、ヴァイオリン、チェロをそれぞれソロ楽器とする2つの協奏曲、オペラ、歌曲、室内楽曲を作曲しています。戦禍により、これらのうち少なからぬ作品が失われてしまったことが残念でなりません。
 本書に収められている“12 のアンデルセン童話によるピアノ曲集”は、祖国ロシアを逃れ、ウィーンに移り住んで間もない1925 年に出版されました。「みにくいアヒルの子」を筆頭とするアンデルセン童話の中でもよく知られたお話と、あまり知られていないお話とが、大体半分ずつ取り 上げられています。いずれも美しく歌いやすいメロディを持ち、絵本の挿し絵を思わせるような、豊かで鮮やかな色彩感あふれる小品です。お話の世界を知らなくても、生き生きとしたイマジネーションが湧き上がってくることでしょう。
 ご参考までに、楽曲解説のページにそれぞれのお話のあらすじ(一部、お話前半のあらすじ)をまとめてあります。興味を持たれた方は、ぜひアンデ ルセンの原作を読んでみることをおすすめします。詩人でもあり、さまざまな音楽家とも親交が深かったアンデルセンの文章は、私たち演奏者にとっ て、心の中の「音の泉」(11.「金の宝」参照)となり得るでしょう。 鍵盤上のタッチに加え、ペダルを使うことでさまざまな音色の変化、効果を得ることができます。ペダルを自由に使い、自分の出している音や響きをよく聴いてください。
 最後に作曲者名の表記ですが、本書で使用している「ボルケヴィッチ」のほかにも、「ボルトキエヴィチ」「ボルトケヴィッチ」等、記されることが あります。また、名前の「Sergei」も、ロシア風ではない「Serge」とつづっているものもあります。本書においては、セルゲイ・ボルケヴィッチで統一させていただきました。 時代を越え、国を越え、今なお世界中で愛されるアンデルセンの世界――作曲家ボルケヴィッチの描いた音の絵本を、どうぞお楽しみください。  
 
高梨智子

高梨智子校訂シリーズ

アンデルセン童話ピアノ曲集

アンデルセン童話ピアノ曲集

税込1,540円(本体1,400円)

高梨智子:ニールセンピアノ曲集

高梨智子:ニールセンピアノ曲集

税込1,650円(本体1,500円)

ページトップへ