実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 池辺晋一郎:女声合唱組曲「千度呼べば」

池辺晋一郎:女声合唱組曲「千度呼べば」

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)を休業とさせて頂きます
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〜12月12日ご注文     ⇒   12月26日(木)お届け予定
12月13日-12月27日ご注文    ⇒   3週間強で発送
12月28-2020年1月6日     ⇒   1月21日(火)発送
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作曲:池辺晋一郎
作詩:新川和江
A4判/40頁
グレード:中級
演奏時間=約15分
ISBN 978-4-7609-1751-8

   関西を中心に活動している「女性指揮者の会」の創立15周年を記念して委嘱された作品。詩人の少女のような心に寄り添うように音楽が奏でられている。
 若い人から幅広い年齢の女性に共感を持って受け入れられる組曲である。

1.  名 (3'30")
2.  なみだ (3'05")
3.  ひといろ足りない虹のように  (2'45")
4.  公園の噴水 (4'00")
5.  千度呼べば (1'40")



 
<まえがき>
 1999年4月に会員15名で発足した「女性指揮者の会」は、現在約45名のメンバーで組織され、すでに60回以上の講習会や、自主的な「合唱の集い」を開催してきている。設立時の趣意文をご紹介しておこう──合唱指揮者としての研鑚を積み、資質向上と会員相互の親睦を図ることを目的とする。
 僕は、2013年1月に同会で講座をしたが、それを縁に、というより発足時からの同会顧問である日下部吉彦さんからの要請もあって、「名誉顧問」をおおせつかった。
 同会の「15周年記念コンサート」にあたり新作の委嘱をいただいたことには、上記の背景がある。
 さて、委嘱を受けて僕が思い浮かべたのは、いつも新刊を送ってくださる新川和江さんから届いて間もない詩集だった。詩を読むことをこよなく好んでいる僕の書棚から、その「千度呼べば」(新潮社刊)を取り出し、5篇を選んだ。うち「公園の噴水」は、毎年催されている「せたがや歌の広場」第24回コンサート(2014年5月30日成城ホール)のために、まず歌曲として作曲し、初演した。
 すなわちこの組曲の5曲のうちひとつは歌曲からの編作で、ほかの4曲はオリジナルということになる。作曲は、2014年7月末〜8月はじめ。
 日本詩壇の大御所といっていい存在の新川さんの裡に、いつまでも変わらない少女の心が住んでいる。これまでその詩に幾度も作曲してきたが、不思議なほど初々しいのその心に、常に魅せられてきた。今回も僕は「新川さんの不思議」にひたすら添おうとしたのである。
池辺晋一郎

ページトップへ