童謡こどもの歌コンクール楽譜 実費出版・企画出版はこちら

全音90周年
全音オンラインショップ
楽譜音楽書祭り
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
受注生産(ODP)発送予定日
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 古寺ななえ:「愛する人よ(混声4部)」

古寺ななえ:「愛する人よ(混声4部)」

価格 : 税込550円(本体500円)
数量    在庫確認
 
この商品は受注生産品で納期2週間強かかります(必ず選択)

5500円以上お買上で送料無料

クレジットカード決済頂けます。コンビニ払いについては詳細をご覧下さい  詳細
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2021年4月29日(木)・5月1日(土)〜5日(水)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~5月6日午前のご注文は5月6日発送となります。 ※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕             〔納品予定日〕
現在〜5月6日(木)   ⇒ 5月21日(金)発送予定
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★

受注生産(O-D-P)・・・ご注文をいただいてから楽譜を製作いたします。詳しくはこちらをご参照ください。
 

作詞:古寺ななえ
作曲:古寺ななえ
楽譜形態:P混4



3月に起こった震災で悲しい思いをされた方、
今現在もまだご不便な毎日を送られていらっしゃる方、
衷心よりお見舞いを申し上げます。

震災で、万という単位の命が一瞬にして奪われ消えました。
赤ちゃん、子供、お兄さん、お姉さん、
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん。

被害者の数に入っていない命もたくさんありました。
お母さんのおなかの中で息づいていた命、
家族の一員だったペット、
酪農家や農家の方たちが大切に育てていた動物、植物、
野生の動物、昆虫、自然の草木。

最期をこのような形で迎えなければならなかったことは、
断腸の思いだったことでしょう。
実際に被害に遭われた方々を思うと、
未だに掛ける言葉が見つかりません。

しかし月日が経つにつれ、
悲しみが癒えないままの方が大勢いらっしゃる中、
『一日も早く復興を』という思いの方が加速しているのが現状です。

もちろん、悪いことではありません。
過去、数々の試練を乗り越え、
その度に驚異的な復興と成長を遂げてきた日本です。
今回もきっと、何年か先にはすばらしい再建を遂げることでしょう。

しかし一方で、
街並みや外観的なことが整っただけで『復興した』と、
取り上げられてしまうような気もしています。
真の復興とは、街並みはもちろん、
人の心も含めた意味で配慮をしていくことです。
そのような優しさが、
これから私たちひとりひとりに求められてゆくと思っています。

心の復興に『一日も早く』は当てはまりません。
時間の流れはそれぞれ違うからです。
私は、どんなに時間がかかっても、
悲しい思いをされたおひとりおひとりに、
穏やかな温かさが戻ってくる日が訪れることを、願ってやみません。

今回、このプロジェクトに参加させていただくにあたり、
未来を担う子供たちを思って、
自分なりのメッセージを書かせていただきました。
歌ってくださる方がいらっしゃったら嬉しいです。
                    
         
古寺ななえ

 


ページトップへ