実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

マイページ
 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 三沢治美:女声合唱のためのアンコール曲集「微笑がえし」

三沢治美:女声合唱のためのアンコール曲集「微笑がえし」

価格 : 税込1,760円(本体1,600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

コンビニ払いが使用可能となりました詳細
ただいま税込定価1,500円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
※カワイ出版ONLINEは9月29日(木)・30日(金)を棚卸の為休業致します。28日(水)午後以降の在庫商品は10月3日(月)の発送となりますのでご注意ください。
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期1週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。

カワイ出版ONLINEは2022年8月11日(祝・木)〜8月17日(水)の期間を夏季休業とさせて頂きます。

この休業に伴いご注文の出荷は下記の通りとなります。

在庫のある商品

8/10日(水)午前の注文(クレジットカード・代引きの場合、銀振の場合午前までの入金)で当日発送

8/10日(水)午後〜8/18(木)午前の注文は8月18日発送となります。

受注生産品の納期は業者の休業の都合から2〜3週間程度となり、次の発送予定となります。

ご注文日        納品予定日

〜8月19日(金)      8月29日(月)発送予定

〜8月22日(月)      以降通常納期1週間強でお届け

 

※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。

商品詳細の商品画像下に受注生産(ODP)と記された商品は上記の通りの扱いとなりますのでご注意ください。

以上ご案内申し上げます。


★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニ払いの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
編曲:三沢治美
A4判/44頁
グレード:初〜中級
演奏時間:約21分10秒 
ISBN 978-4-7609-2239-0


演奏会の最後にアンコールは付き物。むしろそれを楽しみに聞きに来られるお客様もいらっしゃるのでは? 「今日はこれで終わり」という別れの意味だけではなく「これから新たな人生への旅立ち」という意味も含めた、涙無しでは歌えない曲や妙に盛り上がる曲を、やさしめのグレードで女声三部合唱にまとめた。全5曲。

1.  贈る言葉    (3’30")
2.  さよならの向う側(5’30")
3.  微笑がえし   (5’00")
4.  どんなときも。   (4’30")
5.  また逢う日まで (2’40")


 
<まえがき>

 私がPOPSのアレンジを始めたのは音大の学生の時だった。“合唱”というと、縁遠い人たちからは、ある種偏ったイメージを持たれ敬遠されがちな時代…。「もっと合唱を身近に感じてもらいたい」「皆が普段聴いている曲を、声のハーモニーで表現するとこんなにカッコイイんだよ!」ということを伝えたくて、POPS を歌い始めたのがきっかけだったように思う。当時は今のようにシャレた(?)POPSの合唱アレンジというものがあまり手に入らず、「それなら自分で作ればいいのでは?」というのがスタートだった。そしてそれが今の私の原点になっている。

 今回は“アンコールに適した曲”というテーマで、誰もが耳にしたことのあるPOPSの名曲を集めた。「さよならの向う側」は私の初期の作品で、アレンジの構想は当時のままに新たに筆を加え、初めて出版の運びとなった。この曲は、歌手の山口百恵さんが人気絶頂期に引退表明し、そのラストソングと言われている。歌い終わってからそっとマイクを置いてステージを去る、という姿も伝説となっている。この曲に込められた、自分を励まし支え続けてくれた人への感謝と愛、そして未来へ向かう別れの覚悟や潔さが、スローバラードのテンポの中にひたひたと、そしてじわじわと熱い情熱が地表に見えないマグマのように込み上げ歌いあげられていく様がとても好きで、心を熱くする名曲だと思っている。

 混声版に続き、女声版を出すにあたって「女声版ならではのアンコール曲を」との要望があり「微笑がえし」を書き下ろすことにした。キャンディーズが解散するときの最後の楽曲でもあり、曲・歌詞も含めてこれぞまさに“アンコール”にふさわしいと思ったからだ。別れに際し、涙をこらえながら未来に踏み出そうとするせつなさと強さ、そして歌詞のキーワードにキャンディーズの歴史を織り込んでいく楽曲の味わいにも名曲の素晴らしさを感じながら編曲した。
 
 アレンジに際しては、アンコール曲の練習にあまり時間がとれない皆さまの事情も考慮し、なるべく歌いやすくシンプルに。そして単曲でも使用でき、かつ全曲通して1つのステージとしても成り立つような選曲・構成とした。いままで練習期間や演奏時間の関係で既刊のヒットメドレーシリーズ(「HANA」「COLORS」「SORA」「LOVE」「YUME」)に取り組めなかった合唱団の皆さまにも、ぜひ気軽に歌っていただけたらと願う。
三沢治美

ページトップへ