合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
休業
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 松下 耕:男声合唱とピアノのための「罰と罪」

松下 耕:男声合唱とピアノのための「罰と罪」

価格 : 税込2,200円(本体2,000円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★



 

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。  

作詩:宗 左近
作曲:松下 耕
A4判/76頁
グレード:中〜上級
演奏時間:約21分30秒
ISBN 978-4-7609-1945-1

2015年、ヴォーチェス・ヴェリタスの委嘱により作曲。
テキストは詩集『宙宇』からとれれている。
詩人特有の逆説によって死者と生者を取り巻く宙宇が提示され、時には苦痛の叫びのようにも聞こえる「声」が谺する。「無」と「有」、「罰」と「罪」そして「愛」が対比され、人は(神までもが)罰と罪を受け入れて生きて行くことを高らかに歌う。全3楽章。
1. 第一楽章(7’00")
2. 第二楽章(8’45”)
3. 第三楽章(5’20”)




 
贖 罪(男声合唱とピアノのための『罰と罪』に寄せて)


 1945年3月10日に襲った東京大空襲。詩人宗左近は火を避け、母と共に逃げ惑っていた。二人は手をつなぎ、必死に逃げたが、燃えさかる火の中で、母は転び、その手が離れてしまう。宗はそこで母を置き去りにしてしまう。
 この凄まじい体験は、宗に言葉を与えることになる。詩人宗左近は贖罪の言葉を書き続けることになる。
 戦争は、彼の母の生命を奪った。また、彼の多くの友人を還らぬものとした。しかし彼自身は生き残った。生き残ってくれたことで、私たち戦後の人間は夥しい数の宗作品に触れることが出来、多くの感動を味わい、戦争と平和について深く、誠実に考えを巡らすことが出来る。彼を生かしてくださった神に感謝である。しかし、彼自身は、自分だけが生き残った事に咎を感じ、自分こそが罪であり、生きてゆくことそのものが罰であるとし、贖罪のために生きてゆく決心をしたのだ。なんと悲しく、切ない事実であろうか。
 壮絶な詩人の人生が凝縮したような長編組詩『組曲 罰と罪』(注:『組曲』の表記は原題に含まれている)は、思潮社刊の詩集『宙宇』の中に収められている。この組詩の中から抜粋し、この曲のテキストとさせていただいた。
 曲は、詩人の表現している『感性の弁証法』とも言える二面性、多面性、高次元的空間の表出のために、黄金分割理論に基づくα和音を用い、構築されている。MajorとMinorの二面性が同居するこの和音は、このテキストを音化するのに適していると思うからだ。
 またこの曲は三つの楽章から成り立っているが、曲としては詩の原題にあるような『組曲』ではない。初演の際には原題に従って『組曲 罰と罪』としたが、出版にあたり、解釈の混乱を避けるため『組曲』の表記は削除した。

 このテキストの中に現れる鮮烈な言葉のひとつに『わたしの卑怯』がある。私は、この言葉の中に宗左近の高潔さを見いだすが、『卑怯』は私自身に内在するものでもある。この曲を書く、ということ、つまり卑怯である私を音化することは、ある意味清々しい作業であった。この曲は、私の贖罪のしるしでもある。
 
松下 耕

ページトップへ