合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 女声 > 松下 耕:女声合唱とピアノのための「あどけない帰郷」

松下 耕:女声合唱とピアノのための「あどけない帰郷」

価格 : 税込1,760円(本体1,600円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

 
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:松下 耕
作詩:山崎佳代子
A4判/48頁
グレード:中〜上級
演奏時間=約20分20秒
ISBN 978-4-7609-1752-5

ベオグラード在住の詩人が日本に帰ってきた時の風景や心象、そしてベオグラードでの実景などがテーマとなっている。世の中の動向に対する違和感、それは戦火と隣合わせの街に住んでいる詩人の平和への希求でもあるが、音楽は、その言葉を声高に再現するのではなく、逆に静かに、優しく、問いかけるように歌われる。

1 厳冬を軍艦は出てゆき (3'50")
2 三月の岸に棄てられたものに (4'35")
3 戒厳令、ちぎれた風景 (4'45")
4 あどけない帰郷 (7'10")

<まえがき>

 私は、セルビア、ベオグラード在住の詩人、山崎佳代子と、これまでに一体どれだけの作品を作り出して来たのだろう。知らないうちに、数多くの合唱作品を二人で生み出してきたものだ。
 お互いに、連絡を取り合いたくても時差に阻まれるほど遠くに住んでいながら、お互いの想いを理解し合ってきた、と、私は思っている。その、理解の根底に『平和への冀求』がある。逆に言えば、世界に対する『危機感』である。
 彼女は言う。「森の中からは、人間を恐れて動物たちが姿を消した。しかし、人こそ自然を破壊し、意味のなき戦いを続ける恐るべき獣なのだ」と。
 私の音は、彼女の言葉を包み込み、また、言葉の内側から投げ出され、あるときは行き場をなくし、あるときは言葉を森へ返す。
 この作業は、所謂エクリチュールの領域を遙かに超えて、スピリチュアルなインスピレーションを、私に喚起させるのである。

 『厳冬を軍艦は出て行き』と『あどけない帰郷』は、2003年に山崎が帰郷、つまり帰国したときに感じたこと。この曲を書いた2014年、私が危機感を感じたことと同じ想いである。この組曲の作曲は、この、想いのシンクロから始まった。  『三月の岸に棄てられたものに』は、山崎の家に近いドナウ川の支流の実景。人間と自然との関係を描く。山崎は、「人間が謙虚になれば、戦争は起こらない」と断言する。私も、心からそう思う。『戒厳令、ちぎられた風景』は、コソボで実際に行われたエスニッククレンジング(民族浄化)を描いている。

 戦争に対する嫌悪、平和への冀求。この二者一体のテーマは、夥しい数の詩人と作曲家により、合唱曲として世に出されてきたが、この組曲は、声高に凄惨な場面を再現しようとはしていない。むしろ、全く逆の表現で――静かに、優しく、問いかけるように歌われる。――この組曲の中で詩人は、女性を平和の象徴として登場させている。女性の優しい感性で語られる平和への想い、そんな表現の曲があっても良いと私は思ったのだった。
 最終曲に繰り返し現れる象徴的な旋律は、穢れなき乙女が口ずさむ牧歌だ。この組曲の女性性は、こんなところにも表されている。(文中敬称略)
 
松下 耕

ページトップへ