合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
休業
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 松下 耕:2群の混声合唱のための「螢 螢 螢」

松下 耕:2群の混声合唱のための「螢 螢 螢」

価格 : 税込1,540円(本体1,400円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作曲:松下 耕
作詩:宗 左近
A4判/36頁
グレード:上級
演奏時間=約5分20秒
ISBN 978-4-7609-1361-9

2006年に書かれた2群の混声合唱のための「光・三首」の終曲。
この曲は、小さなホタルがたくさん飛び、その光が離れたり近づいたりする様に、小さな音の集合体が接近したり離れたりを繰り返すことによって最終的に融合して大きな世界を形成し、そして分裂するさまを描く。

1 螢 螢 螢(5'20")

 

<まえがき>

 この曲は、2006年に松下中央合唱団(現パナソニック合唱団)に書いた“2群の混声合唱のための『光・三首』”の最終曲である。
The Metropolitan Chorus of Tokyoのアメリカ・ソルトレイクシティで行われるアメリカ合唱指揮者協会の全米大会での再演を機に、この曲のみ先行出版されることになった。

 2群の混声合唱体で構成されたこの曲は、細微な音の集合体(極小単位、つまり細胞、生命体)が離反と接近を繰り返しながら、最終的に融合して大宇宙を形成する。そして、その融合こそが、次のエネルギーを生むための爆発、つまり更なる分裂なのである。その分裂は、再び新しい生命体、細胞を生む。

 この曲が生み出す音の波動は、生命の波動である。
 
松下 耕

ページトップへ