合唱オンライン・ティービー その場でハモろう! みんながピアニスト発表会 みんながピアニストプロジェクト 実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 男声 > 松下耕:男声合唱とピアノのための「この星の上で」

松下耕:男声合唱とピアノのための「この星の上で」

価格 : 税込2,200円(本体2,000円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年8月8日(土)〜16日(日)を休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
・現在~8月16日(日)のご注文*→8月17日(月)出荷予定
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
〔受付日〕 〔納品予定日〕
現在   〜8月17日(月) ⇒ 9月2日(水)納品(8月17日から2週間強)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります




楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作曲:松下耕
作詩:谷川俊太郎
A4判/72頁
グレード:中〜上級
演奏時間=約26分
ISBN 978-4-7609-1889-8

2006年出版の女声版、2007年出版の混声版に続き、いよいよ男声版を出版。2013年12月、明治大学グリークラブにより委嘱初演。終曲 「今年」は、2011年5月、東京六大学合唱連盟により委嘱初演。地球上に住む我々人間とは一体何であるかを問い、一生を精一杯生きている・生きようとしているその我々人間への願い、祈り、そして讃歌。全5曲に加え、アンコール曲としても使える無伴奏の 「はる」が付いている。
1 はる (2'20")
2 地球の客 (4'00")
3 おべんとうの歌 (6'50")
4 ほほえみ (3'45")
5 今年 (6'10")
6 はる〔無伴奏〕 (2'50")
 
<まえがき>
いままで、たくさんの作品を出版していただきました。
そして、そのたびに、この《巻頭言》というか、《序文》を書いてきました。
今回、この作品について、なにか語らなければいけない、そう思えば思うほど、私は言葉を失います。
 この曲に対しての、私からのコメントは、何もありません。ただただ、谷川さんの詩の世界に感動し、寄り添いながら、作曲させていただいた、とだけ、申し上げます。
 ですから(これは、近頃の私の作品に共通することなのですが)、すべての曲は、谷川さんの作品の一字一句たりとも省略、訂正しておりません。私なりの、詩に対する敬意です。
 《はる》は、この曲の冒頭に、ピアノ伴奏付きの曲として演奏されますが、この本の最後に同じ曲の無伴奏の版を載録しました。プログラムには組み込まず、《今年》を最終曲として演奏し、アンコールピースとして演奏していただく方法が、スマートではなかろうか、と思っています。
 この曲は組曲ですが、一曲、あるいは数曲を抜粋して演奏していただいても構いません。

〔男声版上梓にあたって〕
 この男声合唱版は、明治大学グリークラブの皆さんが委嘱して下さり、2013年12月6日、私の指揮により初演されて生まれたものです。
 初演のステージでは、彼等らしい、優しく伸びやかな歌声で感動的に演奏してくださいました。
 また、2015年1月17日、横浜国立大学グリークラブの皆さんが再演して下さることになったのをきっかけに、こうして出版の運びとなりました。


 
松下耕

ページトップへ