実費出版・企画出版はこちら

全音オンラインショップ
2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業
受注生産(ODP)発送予定日
2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 鵜崎庚一:混声合唱のためのメドレー「日本の風景」

鵜崎庚一:混声合唱のためのメドレー「日本の風景」

価格 : 税込1,650円(本体1,500円)
数量
 

5500円以上お買上で送料無料

ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合送料無料!
(送料・手数料を除く商品価格)
ただいま税込定価1,650円以上お買い上げの場合クリアファイルをプレゼント!(送料・手数料を除く商品価格)。 詳細はこちら
★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

2019/11/25 13:30 現在サーバメンテナンスの都合で立ち読みがご覧いただけません。
カワイ出版ONLINEは2020年3月30日(月)〜31日(火)を棚卸の為休業とさせて頂きます
現在のご注文は最短で4月1日発送となりますのでご注意ください。

★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります

 
★中が見られる!立ち読みとは?★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。

作・編曲:鵜崎庚一
A4判/40頁
グレード:初級
演奏時間=約13分
ISBN 978-4-7609-2820-0

長野県須坂市の混声合唱団 コーラルソサエティにより1985年12月に委嘱初演。2012年に出版した女声合唱版の元になった編曲集。日本の美しき風景や四季を綴った曲を編曲。8 曲から成るメドレーではあるが全パートが常に歌い続けているわけではなく、音域的にも無理がないので、合唱初級者や年齢層の高い合唱団に最適。

1 冬景色[文部省唱歌(曲のみ)]

2 春の小川[高野辰之 作詩(林 柳波 改詩)/岡野貞一 作曲]

3 うみ[林 柳波 作詩/井上武士 作曲]

4 めだかの学校[茶木 滋 作詩/中田喜直 作曲]

5 村祭[文部省唱歌]

6 たき火[巽 聖歌 作詩/渡辺 茂 作曲]

7 冬のもてこし[三好達治 作詩/鵜崎庚一 作曲]

8 故郷[高野辰之 作詩/岡野貞一 作曲]




<まえがき>
 この編曲集の女声合唱楽譜が、一昨年、出版になりましたが、 1985 年12 月12 日、長野県須坂コーラルソサエティの委嘱初演に より、混声合唱として発表したものが基になっております。  自作「冬のもてこし」を含め8曲全て、かつて我々が親しんだ故 郷の風景や情景を、詩人が言葉に托した様に、作曲家が音に托して 描いた曲です。そして特に、「冬のもてこし」以外は、すでに長い 間多くの人々に歌われ愛されてきました。それは、きっと描かれた 風景や情景が大変鮮明であり、そこに情感の豊かさが感じられたか らでしょう。  音楽的に言えば、そこには単純な調性感や拍子感、また簡潔な和 音の響きの存在があると言えるのですが、特筆すべき事は、和音の 背景の中での言葉の抑揚の自然さを挙げる事が出来ると思います。 この事により、歌の旋律がとても分り易く憶え易くなります。この 歌唱芸術の原則とも言える事柄を大切にし、日本の原風景として描 かれた風景情景を、少しの違和感を感じさせないように配慮しつつ、 丁寧に増幅させるべく編曲しました。これらの素晴らしい曲を、是 非とも後世に伝えていきたいと、強く思っております。
 
鵜崎庚一

ページトップへ