実費出版・企画出版はこちら

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
休業
受注生産(ODP)発送予定日

Youtube連動実用美声学

嘘音楽辞典 これさえ読めば、たちまち
無敵の音楽通!

午前中のご注文で当日発送 代引・カード払いの場合、営業日に限る(ODP除く)

LOVE THE ORIGINAL 楽譜のコピーはやめましょう

JASRAC許諾番号:
9018423001Y37019
9018423002Y30005
9018423003Y45040

 

トップ > 合唱楽譜 > 混声 > 千原英喜:混声合唱とピアノのための組曲「わたくしという現象は」

千原英喜:混声合唱とピアノのための組曲「わたくしという現象は」

価格 : 税込2,160円(本体2,000円)
数量
 

    5,400円以上お買上で送料無料

★市販CDの有無はこちらよりご確認ください
★領収書につきましてはこちらをご覧ください
★受注生産商品のご注文の場合に数量下にあるオプション選択欄を選択頂く仕様に変更致しました。「受注生産品の納期2週間強了承」をご選択頂かないとカートに入れられませんのでご注意下さい。発送日の目安は左カラムのカレンダーをご覧ください。

カワイ出版ONLINEは2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)を年末年始休業とさせて頂きます
【在庫のある商品】
※28日正午までのご注文を当日発送し年内最終となります。
※28日午後〜休業中〜1月7日までのご注文は1月8日発送の予定となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。
【受注生産商品(ODP)】
年末年始休業の都合で受注生産品の納品は下記の通りとなりますのでご注意ください。
ご注文日:2018年12月11日・12日 →納品日:12月26日予定(遠隔地を除く)
                             12月13日〜28日 →    3週間強(年明け納品)
                             12月29日〜1月7日→    1月22日(火)
以降は通常通り2週間強納品となります。
※ご注文はクレジット・代引きの場合ご注文処理日、銀振・コンビニの場合ご入金確認日となります。ご注意ください。 ※休業期間中にいただいたお問い合わせのメールににつきましては明けてからのご返信となります。
★ご注文はクレジット・代引きは注文確認日、銀振・コンビニの場合入金確認日が注文処理日となります(午前中まで。午後以降は翌営業日となります)。
※受注生産品ご注文の際、納期指定をされる場合は必ず2週半以降をご指定下さい。
希望納期を規定納期未満でご指定頂いた場合、確認が取れた後の手配開始となります
★★★立ち読みとは?★★★

楽譜・書籍等………オンラインで注文が可能です。宅配便にて商品をご自宅にお届けいたします。
 

作曲:千原英喜
作詩:宮沢賢治
A4判/76頁
グレード:中級
演奏時間=約25分
ISBN 978-4-7609-1348-0

全3曲で構成される。宮沢賢治の世界を現代的書法で表現し、日本的なものを大切にする作曲者ならではのこだわりが感じられる。
叫び声を取り入れたりナレーションをいれたりと様々な工夫もあり、ステージ効果の高い仕上がりとなっている。

1 わたくしという現象は(春と修羅・序) (12'00")
2 新しい風のように、爽やかな星雲のように (4'40")
3 エピローグ:なつかしき地球はいずこ (8'20")

委 嘱:一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ
指 揮:小林雄大
ピアノ:緒形宏子

初演演奏はこちらからご覧いただけます
1 わたくしという現象は((春と修羅・序))

2 新しい風のように、爽やかな星雲のように

3 エピローグ:なつかしき地球はいずこ



 
<まえがき>


 一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ(Humanité)から第50回記念演奏会への新作委嘱を受けたのは2011年の年頭であったかと思う。かれらの第48回演奏会(2010年)で演奏された私の『組曲・雨ニモマケズ』に感銘を受けたこともあり、曲のテキストは宮沢賢治でいこう、との即決であった。それから3月に東日本大震災があり、たいへんな悲しみや、なかなか先行きの見えない焦りなど、不安な世の中にあって宮沢賢治の発するメッセージは人々に希望を与えてくれるものとして、あらためて関心が寄せられていったのであり、そんな中、私はカワイ出版の〜日本中に歌声を「歌おうNIPPON」プロジェクト〜に賛同して被災地の人々へ『宮沢賢治の最後の手紙』を作曲したのだった。
 これは彼の教え子へ宛てた手紙をテキストにしているが、その手紙から響いて来る賢治の晩年に到達した透明な境地の肉声「―楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きましょう」、その声に励まされ、突き動かされるように、今度は賢治の学生諸君への熱い演説をテキストに作曲したのが本曲『新しい風のように、爽やかな星雲のように』である。
 ここには熱血教師・賢治がいる。若者に、風になれ、銀河星雲の彼方に羽ばたけ、自然にとけ込め、宇宙と交感せよ、と呼びかけているのだと私は思う。そして、賢治ワールドの内面を照射する春と修羅の『序』を、宇宙の彼方から地球に呼びかける『なつかしき地球はいずこ』を加え、初期から花巻農学校時代の血気さかんな若き賢治のテキストから成る3曲の組曲とした。
 初演に向けての作曲者立ち合い稽古では、回ごとに、手拍子、魑魅魍魎や精霊の声、ロケット噴射音などが新たに書き加えられ、その効果を工夫しながら、創造の現場というにふさわしい真摯さと楽しさで進められたと思う。そして合唱団ユマニテ、ユマニテOB・OG、指揮=小林雄大、ピアノ=緒形宏子、による総勢200名にならんとする大合唱の、若々しくみずみずしい感性で初演していただいた。演奏会関係諸氏には心から感謝申し上げたい。アンコールでは『宮沢賢治の最後の手紙』も披露された。当日のパンフレットには合唱団ユマニテによる思いが掲げられていた。―「この世界の重みにも歪められない心の歌、生活の歌、私達はこのような真実の歌を歌いたいのだ。私達はこのような真実の歌を口から口へ広めたい。この歌を通して、あたらしい人間の繋がりを結ぶのだ」と。これが本曲に込めた私の願いと同じくすることは言うまでもない。
 出版にあたっては曲の一部に改訂をおこなったところがある。また、初演時の組曲タイトルは『新しい風のように、爽やかな星雲のように』であったが、カワイ出版との協議により『わたくしという現象は』に改めさせていただいた。
 
千原英喜

ページトップへ